daishi-jishoのblog

今回は、隣県の岐阜県へ行ってきました。
岐阜県はゴルフやバス釣り、日帰り温泉など、私の趣味にマッチする場所が多くあり、ほぼ毎週どこかへ出かけている県です。一宮市からは木曽川を挟んで隣りということもあり大変親しみがあります。
県庁近くのおそば屋さんが好きで通っているのですが、今回車から降りてじっくり拝見させていただきました。
IMG_1829

いつも車から見ているときは、比較的新しい建物だと思っていたのですが、調べてみると昭和41年完成の築54年と歴史のある建物でした。(ただ今までの県庁の中では一番新しいですが・・・)
こちらの県庁は4代目で、3代目は閉庁後、岐阜県近代化遺産として保存されているとのことです。
今回は時間の都合で行けませんでしたが、3代目の県庁もぜひ見に行きたいと思います。

県庁の東側で大規模な工事をしていたので看板を見てみますと、なんと5代目の県庁を建築中でした。
完成は2022年5月予定とのことです。
岐阜県庁は、もう5代目となり、建物の役割が他県に比べると短いですね。
ぜひ2022年完成後にも見に行きたいと思います。
県庁所在地の岐阜市は人口41.3万人で県内一位、二位は大垣市の16.1万人でした。
県の総人口は208万人で国内17番目(2020年2月29日現在)でした。
調べることで新しい発見や知識が増え、大変勉強になりました。
次回はどの県に行こうか楽しみです。

大志地所は一宮市を中心に不動産売買仲介、名古屋市で新築アパート販売をしております。
お気軽にお問い合わせください。

今回、第三弾として三重県へ行ってきました。
建物の第一印象は、非常に堅実的で今まで見てきた建物と比較すると少し近代的な感じがしました。
調べてみましたら昭和39年完成の建物でした。
IMG_1793

その前の建物は・・・と思い合わせて調べてみると、旧三重県庁舎は明治村に移築されているとのことでした。
明治村は小学生時代に遠足、同級生の結婚式、イルミネーションを見に行ったりと何度も行っている場所です。
今までは全く気にとめておらず、近いうちに必ず見に行って写真を撮りたいと考えております。
県庁所在地の津市は人口約28万人で、三重県内の人口ランキングでは2位となっております。
現在の1位は四日市市の約31.1万人です。
県庁所在地=人口1位ではなかった点が気になり調べてみましたら、以前は津市の方が栄えていたと言うことでした。
他県でもありそうなので、今後も写真を撮りながら調べていきたいと思います。
最近は旅行先の人口を調べ、街を散策しながら人の営みを観察することで生き方を勉強してます。
何十年単位で産業が変わり、人も移り変わるんだと思うと、保有している不動産も将来はどのような資産となるのか考えて維持する必要性を感じました。
大志地所株式会社は名古屋市で新築アパート経営をご提案しております。
資産の組み替えなど、なんでもご相談ください。

前回、愛知県庁を見て全国の建物(マンション、戸建、商業ビルなど)に興味がわき、全国の建物を見て回れば今後の新築アパートのデザインなどのアイデアが出るのではと考えておりました。
そこで第二弾として滋賀県へ行ってきました。
15年前ですが前職で仕事をしたことがあり、今はブラックバス釣りで琵琶湖に行くなど少し馴染みがある場所です。
ただ初めて滋賀県庁を見て、こちらも歴史ある建物で迫力を感じました。
昭和14年に完成した建物とのことです。

IMG_9742

なぜか県庁が歴史ある建物だとホッとするというか落ち着きます。
滋賀県の県庁所在地は大津市で、人口は約34万人(2019年10月1日現在)でした。
滋賀県全体ですと約141万人(2019年10月1日現在)で、利便性や住みやすさを考えるともっと人口が増えそうな気がします。
大津駅や草津駅前には高層マンションやショッピング施設があり、京都、大阪方面へのアクセスの良さからも住みやすそうな感じがしました。

名古屋市は人口が多い分、主要な駅の近くで立地を選べば不動産投資には適しているのかなと改めて感じました。
大志地所株式会社は名古屋市で新築アパート経営をご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。





このページのトップヘ